和服のすすめ|半纏は気軽に着れて過ごしやすい

半纏の種類と用途

子ども

半纏の歴史は古く、江戸時代に作られたものです。その主な用途は作業着であり、多くの職人や店の従業員が活用していました。日本版ジャージともいえる半纏の種類について紹介していきます。

もっと見る

簡単に買う着物

和服

近くのお店にいいものが見つからなかった場合はインターネットの通販を活用してみましょう。自分の気に入った着物が見つかりやすくなります。そんな通販のメリットや利便性を知るといいでしょう。

もっと見る

和服に興味のある方へ

お祭り

今現在、世間では洋服が主流になっています。たまに街を歩くと和服で街を歩いている人を見かけることがありますが、それでも洋服の人に比べると少数です。基本的には、和服を着る時というのは現代の日本では非常に限られています。お祭り、結納、正月に七五三などなど、格調高い場所やお祭りなどの時に着るため、和服は「おめでたい時に着る服」というイメージが定着しつつあります。しかし、それは誤りです。確かに和服の中には格調高い時に着るものもありますが、それだけが和服ではありません。和服の中には普段着としても活用でき、その着心地は我々が普段来ている洋服に勝るとも劣りません。
そんな和服が、半纏です。半纏は気軽に羽織れるのが魅力であり、時には普段着、時には防寒着と応用性が高いのが魅力であり、一度着なれると普段洋服を着こむのと何ら変わりなく過ごすことができます。わかりやすく例えるなら、半纏は日本版ジャージであり、本来は気軽に羽織るべき着物なのです。しかも、オーダーメイドによってオリジナルのデザインを作ることも簡単に行える他、量産も容易に行えるため、恋人とおそろいのものを作るのも簡単です。
そんな半纏の使用用途の他、通販による着物の購入の際の注意点やレンタルをすることのメリットなどをしりましょう。和服は決してとっつきにくいものではなく、気軽に着れてなおかつ過ごしやすい服装であり、洋服を着るのとそこまで違いはありません。

レンタルで安く使う

着物

和服をあまり着ることはなく、急に留袖などが必要になった場合は購入するよりもレンタルをしたほうが経済的に楽です。お値段の安さ以外にもレンタルには様々なメリットが有ります。

もっと見る